健康・ダイエット・美容・メンタル・老化の悩みの共通の原因とは何か?

お問い合わせはお気軽に

コラムinfo_column

  • 17.11.02コラム

健康・ダイエット・美容・メンタル・老化の悩みの共通の原因とは何か?

第三回「健康・ダイエット・美容・メンタル・老化の悩みの共通の原因とは何か?」

ぽっこりお腹はもちろん!
全身同時に歪みを自力自動矯正し、あなたのお悩みを根本解決
足底から重心を整えて自分治しのプロになる!

どん底から這い上がった私が編み出した世の中に全くない「変な?エクササイズのお話」をしています。

私や受講生の経験から「変な話」をしますので、判断は「おまかせ」です。
人生大変身のチャンスとなるかも!

日本姿勢予防医学協会 代表理事
プラスムーブ考案者 中田智子です。

第三回「健康・ダイエット・美容・メンタル・老化の悩みの共通の原因とは何か?」

筋肉に付いた悪い癖

今日は「健康・ダイエット・美容・メンタル・老化の悩みの共通の原因とは何か?」についてです。
私や受講生さんの経験から分かった事があります。


「健康・ダイエット・美容・メンタル・老化のお悩みにある共通の原因とは?」
それはズバリ筋肉に付いた悪い癖で歪みです。
しかも一カ所ではなく身体のあちこちに付いた筋肉の悪い癖が原因です。

筋肉に付いた悪い癖

一カ所筋肉に悪い癖が付いていると人間は代償動作を取って負の連鎖が始まり負のバランスを取ります。
その状態が悪い姿勢です。


上の図のように目に見えてわかるのは猫背や反り腰やO脚などですが、目に見えない所にもあちこちで癖があります。
「あなたは筋肉に付いた悪い癖がどこにどう付いているか全て分かりますか?」
分かる人はまず、いないと思います。


例えば反り腰だと骨盤が前に倒れているのですが、そのバランスを取って、首猫背となり、顎が前に出ます。

健康・ダイエット・美容・メンタル・老化のお悩みの原因は○○

筋肉に悪い癖が付いていると重心が中心からズレ、重力からの悪影響を受けます。
スーパーで買い物をして袋を両手拡げて持つのと気を付けをして持つのとではどちらが楽ですか?
手を広げて持つと同じ重さの荷物でも筋トレのようにきついです。


ストレートネックはまさにこの状態で、頭が体の中心からはずれ、肩に負荷を与え続けています。
つまり、筋肉に悪い癖があり、歪んでいると重力の悪影響で、肩や腰やひざに負荷がかかり続けた状態で日々を過ごしていることになります。

バランスの悪い筋肉は骨や関節を歪ませます。当然、臓器も正しい位置からずれ、臓器は正しく機能することが難しくなります。
血液やリンパの流れが悪くなるだけでなく、神経伝達や氣の流れも悪くなります。
神経が圧迫を受け、痛みが発生する場合もあります。


体内の色々な流れが筋肉の癖の度合いで悪影響を受けます。


この状態で自分では気づかないうちにストレスとなり、
更に強くなった時、病気として気づくのではないでしょうか
ストレスが“メンタルを悪化”させ、過去の私のようなうつ状態や不安神経症にもつながります。


自律神経の伝達が悪くなると「消化・吸収・循環・代謝」が悪くなり“むくみや太る原因”にもなります。


そして、血流が悪くなることで酸素や栄養分が細胞に届きにくくなり、ミトコンドリアが不活性化し、“老化の原因”になります。

シワやシミは皮膚の老廃物が溜ることによってできる為
リンパの流れが悪いと老廃物が運ばれないなどからお肌にも影響が出て、“美容面でも悪影響”となります。

筋肉の悪い癖で頭蓋骨や顔の骨まで影響を受けます。
すると顔が歪みホウレイ線やたるみだけでなく、えらが張ったり、目や顔の大きさにも影響を与えます。
健康・ダイエット・美容・メンタル・老化のお悩みの原因が“筋肉にについた悪い癖”による重力からの悪影響であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

正しい姿勢とは

筋肉に悪い癖が付いていない、重力からの悪影響を受けていない状態を正しい姿勢と言います。
正しい姿勢とは、二足歩行の人間が重力からの悪影響を受けない生理的湾曲を保ったゆるいS字カーブの状態です。


図のように
1・・正面は鼻・ヘソ・揃えた足の中心をつないだ線が正面から見た左右対称の中心
2・・横は耳・肩峰・大転子・くるぶしから前に1~2㎝前方をつないだ線が床から垂直に繋がっている状態
3・・目・耳・胸・腰骨(上前腸骨棘)・膝が床から平行


1・2・3がつながり正面から見たオレンジと紫の+プラス、横から見た緑と紫の+プラス、上から見たオレンジと緑の+プラス。これら全てつながった状態が正しい姿勢です。


※プラスムーブとはこの三つのプラスを作る動作(ムーブ)という意味でもあります。この動作により筋肉の癖が矯正されることで思考の癖がプラスに変わります。

正しい姿勢とは

正しい姿勢つまり安静立位姿勢。
重力からの影響が最小、自発的身体動揺がわずかで、保持のための筋活動、エネルギー消費が最小となります。


この時、筋肉・臓器・骨・関節が正しい位置となります。
血液・リンパ液・神経・氣など体内の流れや伝達が良好な状態となり、“治す力・自然治癒力”“免疫力”“生命力”“集中力”“潜在能力”を発揮します。