産後太りを改善する1分寝るだけダイエット法

訪問の依頼はお気軽に

産後太りが解決しない理由

原因1反り腰でぽっこりお腹に見える

妊娠中は赤ちゃんの重みで骨盤が前に倒れ、腰が反る方が多いです。一つ歪みがあると代償動作により、全身で負のバランスをとり、あちこちの筋肉に悪い癖がつき、姿勢が悪くなります。さらに、産後は赤ちゃんを抱っこするので、腰が反ります。

原因2反り腰を放置する

産後ママがどうしても解決したい悩みの一つに産後太りやポッコリお腹や下半身太りがあります。反り腰がお悩みの原因になっています。ぽっこりお腹の正体は内臓下垂です。内臓が前に飛び出しているため、腸が圧迫され、健康上のトラブルにも繋がります。結果的に、腰痛、肩こり、腱鞘炎、便秘、痔尿もれ、 子宮脱、産後うつなどの不具合の原因にもなっています。



反り腰を整えやすい時期がある!?

産後3ヶ月以内は
産前よりキレイになるチャンス

リラキシン、ホルモンの分泌がカギを握っています。産前から分泌され、産後3ヶ月位にかけて徐々に減少していきます。つまり、産前の状態に体を再生するには産後3ヶ月以内に産後ケアをはじめるのが理想です。逆に、骨盤矯正などのケアを怠ると、反り腰のまま。この状態を放置した結果、出産から子どもが成人するまで、産後太りがひどくなり、腰痛、肩こり、自律神経の乱れ、頭痛にずっと悩まされている方も多く見てきました。これを知らずに産後の体型が戻らないと悩んでいる方も多いです。


反り腰を自分でチェックする方法


Self Check Lesson

~骨盤ケアによる改善の可能性~



1分寝るだけ!産後骨盤ダイエット
〜自分で反り腰を整える〜

姿勢矯正メソッド “プラスムーブ®︎


Step1仰向けになって、膝を立てる


Step2足を左右対称にぴったり合わせ、膝の高さも揃える


Step3脚の内側ギュッとしめ、つま先をあげる

※ポイント:お腹を手で軽く押す。


Step4かかとで床を押し、お腹を引っ込める


Step5腰を支点にお尻を1cm上げドローイン

※注意:腰は絶対に床から浮かさないこと。


Step6鼻で息を吸いながら腹式呼吸も忘れずに


ドローインにより内臓下垂の改善が目指せます。
施術してもらっても、すぐに戻る歪みは自分で整えることが重要です。



より効果をあげるには

骨盤ベルトと運動療法の併用が有効

「運動療法は腰痛には効果的であるが、骨盤痛には骨盤ベルトと組み合わせて実施することが望ましい。」

※引用元:妊娠に関連した腰痛と骨盤痛への介入方法における国外文献の検討
甲南女子大学 安藤布紀子氏 NAID 40019232822



さらし骨盤ベルトの併用がオススメ


「巻くだけで腰がラク」と好評のさらし骨盤ベルトですが、使用しない場合は全身同時に整えることができなかったり、整えるのに時間がかかったりします。
さらし骨盤ベルトは歪んだ筋肉のバランス(重心)を中心に集めます。重心が中心に整った状態で、さらに垂直平行の正確な型に身体をフィットさせるので、重力に対して理想的な状態に戻し(作り)やすくなります。



さらし骨盤ベルト
利用者さんの声



自分でできる骨盤矯正として人気のさらし骨盤ベルトの案内リンク