無意識で正しい姿勢を維持する!骨盤矯正メソッドとは

お問い合わせはお気軽に

無意識で正しい姿勢を維持!
~骨盤矯正ストレッチ~Spontaneous cure

骨盤を矯正し、正しい姿勢で
健康な体を手に入れたい方へ

「正しい姿勢を意識すると疲れます」
「正しい姿勢を維持できません
姿勢の悪さから不調と診断されました。」

姿勢に関する悩みは人によってさまざま。

健康には姿勢が重要と感じました。」
「姿勢を治せば根本解決に近づくのでは?」

色んな方法を試して
「最後に姿勢に辿り着きました!」

こんな悩みを抱える方を
多く見てきました。

間違いだらけ
「姿勢の常識」

正しい姿勢を維持するには?


意識では正しい姿勢は作れません。
運動で筋肉を鍛えても作れません。
治療院での施術でも作れません。

正しい姿勢は分かっても、
維持する方法を誰も知りません。


正しい姿勢を維持するには!!
『カラダを束ねて寝ること』
が重要です。


【間違い①】
なぜ、姿勢は意識では作れないのか?


「正しい姿勢を意識しているのに解決しないのは何故ですか?」
とよく聞かれます。

次の2つで間違っている方が多いです。

・意識した姿勢が間違っている
その意識した姿勢が
間違えていたらどうなりますか?  

特に、多い間違いが
「胸を張る」です。

例えば、看護師さんも初回受講時にこのように仰っておられました。
「姿勢を綺麗にしたいと思って、胸を張っているのですが、
腰や背中が痛いだけでなく、呼吸も浅くなった気がします」


・24時間意識することができない
いくら意識するといっても、そればかり考えているわけにはいきません。
無意識で正しい姿勢を維持できる自然体を取り戻すことが重要です。

【間違い②】
なぜ、運動で筋肉を鍛えても
正しい姿勢を維持できないのか?


姿勢を維持するために抗重力筋や大腿四頭筋や腸腰筋を鍛えたら良い!
このような情報は間違ってはいません。

ただし、鍛えるべきなのはあなたの姿勢を維持するのに足りない筋肉なのです。

個々で足りない部分は違いますので、
まずはどこの筋肉が足りていないか知ることが重要です。

逆に、歪んだまま歩いたり、走ったりしていると、筋肉の悪いバランスを強化することになり
さらに姿勢が悪くなり、病気を引き起こす可能性もあります。

ウォーキングやヨガやピラティスなど姿勢に良いと言われる運動で故障するのはこのためと考えられています。

ウォーキングやヨガやピラティスを行うには、事前に筋肉の悪い癖を整えてから行うと効果アップとなります。

・歪みは見える筋肉の悪い癖
全身のあちこち見えない所に筋肉についた悪い癖があります。
足底から全身同時に矯正する事が重要です。

【間違い③】
なぜ、治療院で施術を受けても
正しい姿勢を維持できないのか!


重力からの悪影響を受けているので、毎日歪みます。

たとえゴッドハンドに施術してもらってもまた歪みます。
ですので、治療院に通うなら毎日通って下さい。 

そして、全身繋がっているので、
部分的に施術してもらっても解決しません。 

毎日ゆがみをリセットするには自分で矯正することが重要です。

自分の筋肉なので自分で動かすことで自分のものになります。
施術と自力矯正を併用して頂くと、さらなる効果アップが期待できます。

姿勢がゆがむ7つの理由

  • 01日常生活での癖

    脚を組んだり、腕を組んだりしていませんか。
    同じ肩でかばんを持っていませんか。片側の歯で噛んでいませんか。片側の肘ばかりついていませんか。
    休めの体勢で片側ばかりに体重をかけていませんか。

  • 02職業上での癖

    看護師、介護士、マッサージ師、整体師、エステティシャン、アロマセラピスト、デスクワーク、同じ動作の職業

  • 03スポーツ

    片側ばかり使うテニス、野球、ゴルフ、サッカーの他、筋肉に癖がある状態でのスポーツ全般、ランニング、ウォーキング、ダンス、ポーズによってはヨガやピラティス

  • 04間違った姿勢

    「胸をはる」と正しい姿勢でなくなります。背中や腰が反り、横(矢状面)から見た重心線がズレます。
    「胸をはる」が良い姿勢の代名詞となっている為、猫背が嫌で意識する方が多いです

  • 05怪我や手術

    捻挫、骨折、手術などの経験はありませんか。
    幼少期の怪我によりついた筋肉の悪い癖が大人になっても影響していることが受講生の結果からわかっています。

  • 06出産

    妊娠すると分泌されるホルモン「リラキシン」の作用で骨盤が広がります。
    産後の骨盤を正しく戻さないと、その後の不具合に繋がり、苦しんでおられる方がとても多いです。

  • 07先天的な歪み

    考案者の中田智子は40代の後半に初めて「先天的な臼蓋形成不全」と診断されました。股関節が亜脱臼で反り腰・ストレートネックで顎が歪んでいました。
    大人になるまで気が付かないこともあります。

正しい姿勢を維持する
“自然体”を作る3つの秘訣

①正しい姿勢を理解する

正しい姿勢とは、二足歩行の人間が重力からの悪影響を受けない生理的湾曲(ゆるいS字カーブ)を保った状態を指します。

図のように体の正面・横・水平の三つの面が全て正しい位置を維持できて、はじめて正しい姿勢と言えます。

この時、筋肉・臓器・骨・関節が正しい位置となります。血液・リンパ液・神経・気など体内の流れや伝達が良好な状態となり、“治す力・自然治癒力”を発揮します。

しかし、正しい姿勢を維持することは難しいです。
理由は筋肉に悪い癖が簡単につくからです。

②自分の状態を知る

あなたは自分の体の声を聴けますか。
日々状態の変わる体の声を聴くことが、自然体を取り戻す重要な一歩になります。

③足底から全身同時に自力矯正

一つ歪みがあると、その歪みをかばい
全身に歪みが拡がります。

首の歪みだけ矯正しても
他の歪みをかばって
また、頸椎が歪みます。

全身の歪みを放置すると、
どんどん血流は悪くなり
自律神経の働きも悪く
なります。

また、日常生活で
長時間座っているだけでも体は歪みます。

ですので、悩みの原因を生み出さないよう
毎日
足底から全身同時に歪みを
自力で矯正することが重要です!

ぜひ、無意識で正しい姿勢が維持できる自然体を取り戻せるようお役立て下さいね。

姿勢で変わる!あなたの未来!

筋肉の悪い癖が一か所でもついていると、その癖は連動し、負の連鎖が全身に及びます。
重力からの悪影響を受け、筋肉・臓器・骨・関節がズレ、血液・リンパ液・神経・気の流れも悪くなります。筋肉の悪い癖は痛みや不具合の原因の一つとなります。
筋肉は良くも悪くもすぐに影響を受けます。
筋肉についた悪い癖を自分で簡単に変えていくことができます。
セルフケアで正しい姿勢を維持する抗重力筋のバランスを整え、人が平等に持つ自然治癒力を発揮することができます。バランスを整え、強化できるのはあなた自身です。

姿勢が悪いと・・・

健康面では

呼吸が浅くなり、血流も悪くなる・・すると酸素や栄養素はエネルギーを作る細胞に届かず生命力は低下します。 自律神経の伝達が悪くなり、不定愁訴で悩まされ、臓器不全や不眠やストレスで寝ても疲れが取れないなど万年過労状態となってしまいます。 ホルモンの分泌やバランスも悪化 腰痛・肩こり・便秘・冷え性・生理痛・頭痛・膝痛・めまい・動悸・うつ・不眠など痛みや不具合が起こる

ダイエット面・美容面では

自律神経の伝達が悪くなりダイエットと関係の深い機能である、満腹中枢の働きが異常や代謝、吸収、消化、循環機能が低下します。 手足が細い方でもぽっこりとお腹が出て いたり、二の腕や背中に嫌なお肉が付きます。 下半身だけ太いとか、お尻が垂れたり、太ももの前側だけ出っ張ったり、バランスの悪い状態 になり 顔が歪み、顔や顎にも嫌なお肉がつき大顔になり、たるみやホウレイ線が気になり老けて見えたり、口角が下がったり、えらが張ったり、二重まぶたが一重になり重く、黒目が左右非対称な場合もあります。

メンタル面では

脳のホルモンバランスの悪化により幸せホルモンセロトニンや、オキシトシンなどの分泌が低下しストレスが うつ状態やパニック状態や不安神経症になったり、ストレスがたまり常に脳が疲れ、やる気が失せ ネガティブ思考になります。

老化面では

猫背で顎が上がっていると老けて見えるだけでなく、血流やリンパらの流れが悪くなる事でお肌への悪影響となります。 そして重力からの悪影響を受けるためお顔だけでなくバストやお腹やお尻がたるみます。 脳への酸素が行きにくくなると集中力が切れるだけでなく物忘れも酷くなり認知症にも繋がりかねません。 姿勢が良くなれば、平等に持っている治す力を引き出すことが出来 以上の健康、ダイエット、美容、メンタル、老化のお悩みを限りなく改善出来ます。

諦めなければ夢は叶う

  • 〇 症状・痛み・こりの変化
    反り腰が良くなると腰痛がなくなった
    右の坐骨の位置がなかなか整わなかったのが整ってきた

    〇 体のサイズに関する変化
    お腹ポッコリが改善、ウエストの左右差が改善

    〇 あなたに起こった想像以上に感じたことは何ですか?
    今までいろいろな治療やエクササイズをしてきたが、どれよりも効果が早く確実に改善することができる

  • 〇 ハッピーアイテムにどのような効果を感じましたか
    ハッピーアイテムをつけるとかんたんに意識できて骨盤をたてたり、そり腰を気にすることができ、ハッピーアイテムなしで通勤途中の電車の中で気にしたり立っているときに意識して動いている

    〇 あなたに起こった想像以上に感じたことは何ですか?
    長年、いろいろなことをして、ひざ痛を何とかしようと努力していたのが、うそのように楽になり、体重も少しずつおちてきて、いつもは太ももに合わせてパンツを購入していたのに、ウェストに合わせて買うことができ、サイズも1つダウンしました。
    ★娘からも後ろから見たらやせてると言われた。