骨盤を絞めることで正しい姿勢を目指す協会概要

お問い合わせはお気軽に

協会概要Association

協会概要

私たちのコンセプト

セルフケア姿勢運動“プラスムーブ”は、通常の運動方法や治療法とは大きく異なります。
それは自力でお悩みの根本解決を目指すということ。身体の軸を整えてから運動する独自メソッドです。
“自分のお悩みを解決できるのは自分だけ”という思想のもと、代表理事 中田智子は自分の身体を実験台にプラスムーブを考案。数々の病気を克服し、どん底から這い上がってきました。
「できれば自然治癒力を高めて薬を飲みたくない!」
「病院に頼らず健康を維持したい!」
「ダイエットに成功し、姿勢良くきれいであり続けたい!」
私たちセルフケア姿勢指導士はこれらのお声におこたえし、
歪みから生じる身体の不具合の予防にこだわります。
歪み方は様々ですが、理想的な形に身体をフィットさせ、全身同時に自力で悪い癖のついた筋肉を整えていきます。
1分の習慣で日々の健康を実現できるよう、あなたに寄り添っていきます。

私たちの目指すところ

自分の身体をコントロールし、自分を生きる

自分の体を自力で治せた時の成功体験があると、大きな自信に変わる
痛みや苦しみを気にせず暮らせるようになれば、心と体が笑顔になる
自分で身体をコントロールできると、どんな夢も叶う

厚生労働省は健康日本21において「住民自身のセルフケア能力を高めるような支援」の必要性を掲げています。超高齢社会、セルフケア時代到来と言われる2025年に向け、国民の医療に対する考え方が“依存から自立”へと変わり始めています。筋肉悪い癖は代償動作でさらなる歪みを生み、負の連鎖で身体機能を阻害し、果てはロコモティブシンドロームとなります。

私たちは全身同時に自動矯正できるセルフケアメソッドで誰もが自分の体を自分で管理し、夢が溢れる社会を創ります。

健康寿命を10歳のばすセルフケア姿勢指導士1万人

“自分の身体は自分で治す”をモットーに健康寿命10歳伸ばすことを目標としています。
悩みを明かせず一人で悩んでいる方は多くいます。みんな治す力“自然治癒力”を平等に持っています。この力を発揮できるようにするには全国に受講できる環境が必要です。そこで、各都道府県にセルフケア姿勢指導士を養成し、2026年までの10年間で1万人の講師輩出致します。

セルフケア姿勢指導士 7つの行動指針

協会概要

協会名 一般社団法人 日本姿勢予防医学協会
代表理事 中田 智子
所在地 大阪府大阪市北区曽根崎1丁目3-6 HF梅田レジデンスTOWER 2003
TEL 06-6366-7011
メールアドレス jppma.info@gmail.com
公式ページ http://jppm.or.jp/
設立 2014年04月14日
事業内容 ・セルフケア姿勢指導士の養成及び認定
・セルフケア姿勢運動“プラスムーブ”の監修
・姿勢及びセルフケアに関する啓蒙活動
所属学会 ・日本統合医療学会

アクセス